社員紹介 Voices

社員紹介
佐々木 隆太郎

空知営業所 カスタマーアドバイザー(営業職)

2014年入社

佐々木 隆太郎

未経験でも何も心配ありません!

続きを読む

◆米どころで頼られるアドバイザーに
大学の授業で農業に興味を持ち、高額な商品を扱う営業の仕事を探していて当社に出会いました。私の担当する空知エリアは米の生産者が多く、30年以上お付き合いがある農家さんへの営業や、ご紹介による新規のお客様への商品提案も行っています。私が心がけているのは、小さな約束事を忘れないようにすることですね。小さなボルト1本が農作業中に外れたり、消耗部品の補充がすぐに必要になったりすることもあるので、お困りごとに素早く対応することで信頼を高め、お客様から頼りにされる存在になることが大切だと思っています。

◆お客様のすぐそばで支える
耕作・種まき・作物の管理・収穫、あらゆるシーンで当社の製品を使っていただいています。農業の知識の細かいことは、お客様から直接教えてもらうことも多いですね。たまに作業をお手伝いして「コーヒーを飲んでいきなよ」と言われることもあり、お客様との交流も楽しみの一つです。
カスタマーアドバイザーは商品を売るだけではなく、納品後の簡単な調整も行います。農業機械は、普段の使い方や維持管理によって性能に影響が出てしまうことがあるので、そこをきちんとアドバイスして、お客様から「いい機械だね」と言ってもらえると嬉しいですね。多彩な農業機械を取り扱っているので、もっと知識を深めてお客様にお勧めしていきたいです。

続きを読む

佐々木 雄貴

札幌営業所 テクニカルアドバイザー(整備職)

2016年入社

佐々木 雄貴

スキルアップしていく実感があります

続きを読む

◆初めてのチャレンジばかりの研修期間
工業高校の電子機械科出身で大型機械に興味はありましたが、農業のことは知識ゼロの状態で入社しました。最初の1カ月間に基礎研修を受け、その後は苫小牧デポ配属になり、農業機械の専門知識を1年間じっくり学びました。外国から運ばれてきたトラクターや、農業機械の新車の点検・組立作業を通して細かい部品を一つひとつ覚え、大型特殊やクレーンなどの資格もこの期間に取得しました。営業所配属になった同期社員は、古い車種の修理点検を行いながら、技術的な知識を覚えていきます。千歳にある自社農場では、実際にトラクターや作業機に乗車して農作業を体験する機会もありますよ。

◆目指すは先輩のような頼もしい存在
現在は札幌営業所で新車納品時の点検・磨きや修理点検を担当しています。4~10月の繁忙期中は、現場の修理・点検に飛び回っています。私はまだ一人では修理できないので、先輩の指示を受けながら経験を積んでいる最中です。現場では様々な修理がありますね。また、機械の塗装を一からやることもあります。
できること、できないことがはっきりわかる仕事内容ですから、自分の成長度も自覚しやすいですね。先輩は話しやすい方が多く、時間を取ってしっかりと教えてくれます。4~5年くらい経験を積んで、先輩のように一人で対応できるようになることが目標です。

続きを読む

武田 将和

CS営業推進本部 トラクター営業推進部(スタッフ)

2015年入社

武田 将和

畑に青いトラクターを見かけると嬉しくなります

続きを読む

◆入社歴に関係なく大きな仕事にチャレンジ
全国に流通している当社のトラクターや海外作業機は、全て苫小牧デポから出荷されています。世界のあちこちから約2カ月間、船に揺られて苫小牧に到着しますので、納品後の不具合等が無いよう機械をここで一度整備しなおしています。
私はここで、トラクターの入荷対応や、新型モデルを日本で販売できるように認証取得するための検査準備、取扱説明書やカタログ作成、社内トレーニング企画などを担当しています。私一人でできる仕事ではないため、各部門の担当者に相談・依頼しながら決めています。
苫小牧の港にトラクターや大型機械が陸揚げされ、ズラリと並んでいる姿は圧巻です。そこに自分が関わっていると思うと誇らしい気持ちになります。

◆機械が好き・北海道が好きの両方を満喫
秋田出身で北海道内の工業系の大学に進学し、その後も北海道で暮らしたかったため、道内に就職先を探していました。当社は日本の大型機械のトップシェアを持ち、「最先端の技術を積極的に採用した機材を取り扱っている、世界的に実力があるブランド」というイメージがあったので迷わず応募しました。
仕事で嬉しい瞬間は、自分で担当したトラクターや大型機械が認証試験に通ったときですね。また、休日は職場の仲間と一緒に登山やスキーを楽しんでいます。プライベートも楽しみたいことが、北海道で働きたかったという理由の一つだったので、毎日が充実しています。

続きを読む